鈴木 浩樹(すずき ひろき) 経歴

鈴木浩樹 経歴

1963年(昭和38年)

8月 福島県生まれ

1982年(昭和57年)

3月 福島県立福島高等学校卒業

1988年(昭和63年)

東京歯科大学卒業
歯科医師免許取得
歯科医籍登録106015号

1994年(平成6年)

東京歯科大学大学院修了
歯学博士 1232号

1995年(平成7年)~
2004年(平成16年)

東京歯科大学教員
歯科補綴学第三講座所属

2005年(平成17年)

豊洲SHデンタルオフィス開設

 

ご挨拶

 

私は、1988年に歯科医師としてのスタートをきりました。そして、30年あまりになる歯科医師人生の前半は、
母校東京歯科大学において研鑽と研究、そして学生教育に励みました。

30年の後半、豊洲SHデンタルオフィスを開設して、市井の開業医として歩んでいます。

なぜ、歯医者をやるのか。30年ずっと考え続けて、おぼろげながら答えを掴みつつあります。
自分や家族を養うため、いいえそれだけではない答えを見つけつつあります。

鈴木浩樹ならではの、「こころ」「技術」「経験」を豊洲SHデンタルオフィスの運営を通じて皆様に発していきたいと思います。

 

経営理念


「大学病院の確かな技術を納得できる費用で提供する」

インプラントだけでないすべての治療で

私は東京歯科大学の教員として自己研鑽と研究、そして学生教育をしてまいりました。とくに大学在職中は、インプラントの治療チームを指揮する立場にあり、実績をあげました。しかし、大学病院で診療を受けることができる患者さんは限られています。さらには、大きな組織で専門分化した大学病院というものは、必ずしも患者さんの便益にそぐわないこともあります。私は開業医になり、患者さんに身近でありながら、大学病院に負けない医療を提供したいと志を立て、平成17年に豊洲SHデンタルオフィスを開設しました。
「大学病院の確かな技術を納得できる費用で」が私の経営理念です。
そのため、診療は1時間単位(2時間でも可)での完全予約制です。
しっかりした診療を行うには、患者さんを並べて渡り鳥のように回るようなことでは無理です。ひとりのためだけの確約された治療時間が必要です。
私は、インプラント治療だけでなく、むし歯治療、入れ歯治療など全ての治療においても「大学病院の確かな技術を納得できる費用で」提供します。総合的に治療ができることは開業医の強みです。また、大学病院でありがちな担当医の交代、これがないことも開業医の強みです。
当歯科医院には遠方から来る患者さんも少なくありません。計画的に治療を進めますので、難しい治療も2週間に一度程度の通院で無理なくできます。結果的に最もロスが少なくなります。
初めての方あるいはすでに他院で治療を受けている方であっても、口腔のお困りごとは、セカンドオピニオンとして当クリニックにご相談ください。納得いただける答えを見つけることをお約束します。

 

徹底した診療方針と料金の説明

インプラントなど、いわゆる自由診療となる治療は安価ではありません。インプラントについていえば当医院では1本40万円[ 内訳は手術費20万円+上部構造(歯の部分)20万円]が基本料金です。しかし、歯はその1本だけを治療すればすべてが終わることは希です。隣の歯や咬み合わせる歯の治療も大切なのです。
そのため、口腔全体を総合的に診断しなければ、本当の治療費というのはわかりません。ぜひ、10年経っても再治療をする必要がないように総合的に治療することをお勧めします。
もちろん、治療する歯が2倍(かみ合わせによっては3倍)になる計算のため費用がかさ嵩む心配があると思いますが、この場合の治療費はセット料金として患者さんにあまり負担がかからないようにしています。同時に治療してしまえばトータル的には患者さんのためになるのですが、目先の一本を安くするためにトータルで損をすること無いよう切に願います。
豊洲SHデンタルオフィスでは、徹底した診療方針の説明と治療費のすり合わせを行います。
どうか、目先の治療費を安くすることにとらわれず、生涯の健康維持コストを下げるようにしてください。そのために、私の「こころ」「技術」「経験」を活用して下さい。

 

末筆ながら。
私は、なぜ歯医者をやるのか? これを30年あまり考え続け、おぼろげながら答えを見つけつつあります。自分や家族を養うためだけ? いいえ、それだけではありません。鈴木浩樹ならではの、「こころ」「技術」「経験」を豊洲SHデンタルオフィスの運営を通じてみなさまに発信していきたいと思います。